これからの社会運動を考える ~未来への大分岐~(第16回_20200718@阿倍野市民学習センター)

第16回 自治フォーラムおおさか これからの社会運動を考える ~未来への大分岐~ 斎藤 幸平 氏(大阪市立大学大学院経済学研究科 准教授) レポート:袈裟丸朝子 当日の配布資料はこちら。■時代は大分岐 みなさん、お久しぶりです。 予定の3月から延期となっていた大阪市立大学経済学研究科 准教授 斎藤幸平先生をお招きした「これからの社会運動を考える〜未来への大分岐〜」を7月18日に開催しました。 今回も自治体政策研究会との共催。 三密を避けるため会場人数を絞り、自治フォーラムおおさか初となるウェブ配信併用となりました。はからずも、ウイズコロナを模索するいまだからこそ必要な問題提起を受けたと思います。 フォーラム会場への移動中に、武さんと「突然ぽっかり時間ができたことで、これまでの働き方や家族と過ごす時間、いろいろ生き方を振り返る機会になった」そんな会話をしていました。 新型コロナウィルス感染拡大・パンデミック前であったなら、斎藤先生の講演が少し突飛に感じたかもしれませんが、まさに時代は大分岐にある。それがすとんと落ちました。それでは、以下、レポートです。 ■コロナ禍が浮き彫りにした現実 西脇さんの進行で武さんが「社会運動・市民運動をどう進めていくのか、そのヒントをみなさんとつかみたい」と挨拶し、自治フォーラムがスタート。 斎藤先生からは冒頭、私の話は「そもそも論です」とありました。なぜ、いま、「そもそも論」なのか。私たちは、気候変動に代表される環境危機と資源の枯渇、そし…

続きを読む

【申込受付終了】これからの社会運動を考える ~未来への大分岐~

3月28日に開催を予定している これからの社会運動を考える!~未来への大分岐~ につきましては、 申込を締め切らせていただきました。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ------ 第16回 自治フォーラムおおさか これからの社会運動を考える!~未来への大分岐~ 【ゲスト】  斎藤 幸平 氏(大阪市立大学大学院経済学研究科 准教授) 【日 時】2020年3月28日(土)  14:00~16:00(受付開始13:30~) 【会 場】エル・おおさか 大会議室  (大阪市中央区北浜東3-14 本館 6階) 【定 員】150名 【申込〆切】3月23日(月) 【参加費】無料   申込の受付は終了しました。 【FACEBOOK】https://www.facebook.com/events/520329685252530/

続きを読む

どうなる学校統廃合?大阪市の条例を考える(第15回_20200215@OUEL研究センター)

第15回 自治フォーラムおおさか どうなる学校統廃合?大阪市の条例を考える 金谷 一郎 氏(大阪経済法科大学 客員教授) 武 直樹 氏(自治フォーラムおおさか 共同代表) 武田 緑 氏(教育コーディネーター) 入口 嘉憲(株式会社UDコンサルタンツ専務) レポート:袈裟丸朝子 みなさん、こんにちは。 2020年も自治フォーラムおおさかをよろしくお願いいたします。 第15回は自治体政策研究会との共催で、『大阪市の学校統廃合条例(正式名称は大阪市立学校活性化条例!)』をテーマとした緊急勉強会。 報道でも大きく取り上げられているこの条例は、全学年で11学級以下の小規模小学校の統廃合を進めるため、市教育委員会が主導的に再編整備計画を作成するよう定めたものですが、こうした小学校の統廃合ルールを条例で定めるのは全国初。 そして、大阪市の小学校298校中84校(約3分の1!!)が対象となります。 学校統廃合は、政治の力で強引に進めるのではなく、本来、様々な角度・視点から議論されるべきであり、また、住民が単に賛成か反対に分断されてはならないと問題提起された西脇先生のコーディネートでスタートです。 話題提供① 金谷一郎(大阪経済法科大学 客員教授) ■住民自治を進めるチャンスに転換 金谷さんからは、この条例ができた背景。そして、この条例を、住民としてどうとらえる(読み解く)べきかについて。 大阪市の学校統廃合、従来は区長が原案を検討していたが、合意形成がむずかしく、遅々として統…

続きを読む