実践事例から考える 空家活用の可能性(第13回_20190928@OUEL研究センター)

第13回 自治フォーラムおおさか 実践事例から考える 空家活用の可能性 武 直樹 氏(NPO法人いくの市民活動支援センター代表理事)  大阪市空家利活用改修補助制度 葛西 リサ 氏(立教大学 コミュニティ福祉学部RPD研究員)  母子世帯の居住貧困と空き家活用~公民の空き家活用のグッドプラクティスを大阪でも! 吉永 規夫 氏(Office for Environment Architecture 代表)  ヨシナガヤの実践事例から空家活用を考える レポート:袈裟丸朝子 みなさん、お久しぶりです!! 自治フォーラムおおさかの再スタートは『実践事例から考える「空き家活用の可能性」』をテーマに、シングルマザー等のサポート付きハウジングをおいかけ全国行脚されている葛西リサさんと、シリーズ化された改修長屋「ヨシナガヤ」を手掛ける吉永規夫さんをゲストにお招きし、全国でも突出した空き家を抱える大阪市の空き家(約28万戸)の可能性について議論しました。 また、住宅セーフティネット制度が改正されて2年が経ちました。住宅の確保に困る低所得者、被災者、高齢者、障がい者、子育て世帯等の方々に改修された空き家を活用しようとする制度ですが、運用はうまくいっているのでしょうか?さっそく、第13回の様子をレポートします。 武直樹さん 補助制度を活用して空家をまちづくりの資源に! まずは武さんが大阪市で6月にスタートした「大阪市空家利活用改修補助制度」を紹介。空家を住宅として活用するタイプと、…

続きを読む

実践事例から考える「空家活用の可能性」【開催のおしらせ】

自治フォーラムおおさかは再スタートします。 9月28日(土)に大阪経済法科大学OUEL研究センターで「空家活用」をテーマに13回目を開催します。 ゲストには、シングルマザー等のサポート付きハウジングを追いかけ全国行脚されている葛西リサさん 改修長屋をシリーズ化したヨシナガヤを手掛ける吉永 規夫さん 様々な実践事例とともに、住宅セーフティネット制度や大阪市の空家利活用改修補助事業などの課題を踏まえながら、空家活用の可能性を考えます。 申込はこちらから ぜひ、ご参加ください。 第13回 自治フォーラムおおさか 「実践事例から考える 空家活用の可能性」 【ゲスト】  葛西 リサ 氏(日本学術振興会特別研究員:立教大学所属 )  「サポート付きハウジング提供から考える 新制度の活用状況と課題」   吉永 規夫 氏(Office for Environment Architecture 代表)  「ヨシナガヤの実践事例から空き家活用を考える」 【進行役】  武 直樹(自治フォーラムおおさか共同代表) 【日 時】  2019年9月28日(土)  14:00~16:45(受付開始13:30~) 【会 場】  大阪経済法科大学OUEL研究センター5階  (大阪市天王寺区船橋町2-2) 【定 員】  30名 【申込〆切】  9月24日(火) 【参加費(資料代)】  500円  申込はこちらから

続きを読む

大都市制度を考えるPart3~母都市の役割、ダイナミズム、財政問題~(20180414)

※アクセスが最近増えているページをトップに再掲いたします。 プリントアウト版、自治フォーラムニュースレター8号はこちら↓ 自治フォーラムおおさかニュースno8.pdf 第8回 自治フォーラムおおさか 第1部 大都市制度を考えるPart3 ~母都市の役割、ダイナミズム、財政問題~ 小西 禎一さん(大阪経済法科大学客員教授) 武 直樹さん(NPO法人いくの市民活動支援センター代表理事) レポート:みなみ 延雄  当日の配布資料はこちら↓↓ 20180414第8回配布資料一式.pdf 参加者には元大阪市長の平松邦夫さん。 2011年の大阪市長選挙では、大阪都構想を掲げた橋下さんと正面対決した記憶がよみがえります。橋下知事時代に財政再建プロジェクトチーム長、松井知事時代に副知事を歴任された小西さんが、平松さんを目の前に何を語るのか。ちょっとした緊張感のあるフォーラムのスタートでした。小西さんは冒頭で「元市長の前で話をするのは、少々気が引ける」と言いながらも、水道局の府市統合のいきさつの質問が出ても、合意できなかった部分を客観的に回答するなど、歯に衣着せぬ発言もありました。ただ、豊富な行政経験に裏打ちされた、ひとつひとつの言葉には妙に納得することが多かったように思います。 ◎問われているのは「総合区か特別区か」ではなく、「大阪市をなくすかどうか」ということ (小西禎一 大阪経済法科大学 客員教授) ■問題設定をもう一度 まず、小西さんはマスコミ報道の立ちど…

続きを読む