大都市制度を考えるPart3~母都市の役割、ダイナミズム、財政問題~【前編】(第8回_20180414@大阪経済法…

第8回 自治フォーラムおおさか 第1部 大都市制度を考えるPart3 ~母都市の役割、ダイナミズム、財政問題~ 小西 禎一さん(大阪経済法科大学客員教授) 武 直樹さん(NPO法人いくの市民活動支援センター代表理事) レポート:みなみ 延雄  当日の配布資料はこちら↓↓ 20180414第8回配布資料一式.pdf 参加者には元大阪市長の平松邦夫さん。 2011年の大阪市長選挙では、大阪都構想を掲げた橋下さんと正面対決した記憶がよみがえります。橋下知事時代に財政再建プロジェクトチーム長、松井知事時代に副知事を歴任された小西さんが、平松さんを目の前に何を語るのか。ちょっとした緊張感のあるフォーラムのスタートでした。小西さんは冒頭で「元市長の前で話をするのは、少々気が引ける」と言いながらも、水道局の府市統合のいきさつの質問が出ても、合意できなかった部分を客観的に回答するなど、歯に衣着せぬ発言もありました。ただ、豊富な行政経験に裏打ちされた、ひとつひとつの言葉には妙に納得することが多かったように思います。 ◎問われているのは「総合区か特別区か」ではなく、「大阪市をなくすかどうか」ということ (小西禎一 大阪経済法科大学 客員教授) ■問題設定をもう一度 まず、小西さんはマスコミ報道の立ちどころの違和感を述べます。「既存政党vs橋下維新」であった時代をそのままに、「総合区vs特別区」で取り上げることが多く、一番大切なポイントである「大阪市を残すか無くすか」が丁寧に説…

続きを読む

大阪市の「働くかたち」の近未来【後編】(第7回_20180317@A´ワーク創造館)

第7回 自治フォーラムおおさか 第2部 大阪市の「働くかたち」の近未来 ~若者、シニア、女性が活躍できる都市づくりの条件は~ 〇仕事とハウジングのセーフティーネットから包容力ある都市を構想する 水内 俊雄 氏(大阪市立大学都市研究プラザ 教授) 水内先生は脱ホームレス支援が獲得してきた、ハウジングとセットにした就労支援の重要性に、もっと着目すべきと強調されます。大阪市の生活保護データの分析からは、転入者の動機の1つに大阪市が依然DNAとして持つ「就労のマグネット効果」があることが再確認され、こうした層にアクセスするにはハウジングというセーフティーネットの役割に積極的に目を向ける必要があることを指摘します。生活困窮の支援において出色のアウトカムを出している那覇市では、生活困窮者を一時的なハウジング提供でキャッチし、就労支援につないでいるそうです。働けるようになっても高い家賃負担は難しいので、広くはない11-15㎡のアパートが選択され、こうした物件が集中する地域では、支援を必要とする層も集住することになります。 集住すると「貧困ビジネス」の温床として偏見の目で見られがちですが、実は住宅扶助を利用した物件更新が個々に進み、社会的サービスも集積し「サービスハブ(手厚い支援提供機能をもつ特別な空間)」が構成され、包容力のある地域という側面も持ってきます。多様な人々が集積する都市においては、困難を抱える人の再出発を応援する「サービスハブ」機能は無視できないし、民間が参入する市場も構築され…

続きを読む

大阪市の「働くかたち」の近未来【前編】(第7回_20180317@A´ワーク創造館)

第7回 自治フォーラムおおさか 第1部 大阪市の「働くかたち」の近未来 ~若者、シニア、女性が活躍できる都市づくりの条件は~ 西岡 正次さん(A´ワーク創造館就労支援室長) 五石 敬路さん(大阪市立大学創造都市研究科 准教授) 水内 俊雄さん(大阪市立大学都市研究プラザ 教授) レポート:けさまる 当日の配布資料はこちら↓↓ 20180317第7回配布資料一式.pdf 今回は大阪市の「働くかたち」をテーマに盛りだくさんな内容。正直なところ、ついていくのに必死でしたが、なるほど・ふむふむの連続で濃い時間を過ごせました。すごく簡単にいえば、西岡室長は「企業支援と他都市の住民(大阪経済を支える人材)を巻き込んだ就労支援の重要性」、五石准教授は「第2、第3のセーフティーネットに対応する就労支援と人的資源への投資」、水内教授は「ハウジング施策と連動した就労支援の有効性、例えば暫居と就労の一体施策など」を話していただきました。共通していたのは、「『働くかたち』をめぐって大阪市が政策的な戦略、ビジョンを持つこと」でした。 〇都市づくりと就労支援 西岡 正次(A´ワーク創造館 就労支援室長) A´ワーク創造館で、大阪市や大阪府、府内自治体が進める就労支援の再構築を応援している西岡さん。現在の就労支援が抱えている課題を、ワーキングプア(働く貧困層)や臨時福祉給付金対象(住民税非課税)、心身の不調で就労(継続)が困難な層など、「①マッチングに偏重した従来型の雇用システムでは支援が機能…

続きを読む