地域福祉の視点で考える~介護・子育て、共生ケアの可能性~【前編】(第5回_20171203@エル・おおさか南館)

第5回 自治フォーラムおおさか 第1部 地域福祉の視点で考える ~介護・子育て、共生ケアの可能性~ 藤井 博志さん(関西学院大学 人間福祉学部教授) 武 直樹さん(NPO法人いくの市民活動支援センター代表理事) 村田 進さん(社会福祉法人ライフサポート協会 理事長) レポート:けさまる 当日の配布資料はこちら↓↓ 20171203第5回配布資料_一式.pdf 〇「我が事・丸ごと地域共生社会づくりのための地域福祉推進の方向性について」 藤井 博志 自治フォーラムから藤井先生に依頼したテーマは“地域福祉”でした。「大阪市の地域福祉」をお話していただく予定でしたが、市の地域福祉計画が審議途上のため、もう少し大きな流れである「我が事・丸ごと地域共生社会づくり」をベースに、地域福祉全般の話がテーマとなりました。 まず、“一億総活躍”“地域共生社会”“我が事・丸ごと”という、キレイなキャッチフレーズの二面性を知っておくことの重要性について言及されました。“一億総活躍”が、少子高齢化がもたらす労働力不足に起因する経済成長戦略の延長にあるならば、「誰もが働かなければならない」という“一億総火の玉”のような恐ろしい言葉となる。一方、すべての人の社会参加保障の延長であれば、「働きたい人のニーズに応える」という“インクルーシブ社会”の実現につながります。同様に“地域共生社会”“我が事・丸ごと”は、行政から言われると押し付け・強制された地域共生になってしまう。ただし、身近な圏域である小学…

続きを読む

大都市制度を考えるPart2~総合区の可能性~【後編】(第4回_20171028@大阪経済法科大学OUEL研究セン…

第4回 自治フォーラムおおさか 第2部 大都市制度を考えるPart2 総合区の可能性 ~何が変わる 変えられる~ ◎第2部 「住民自治拡充と総合区議会(常任委員会)」 武 直樹 休憩後、自治フォーラム共同代表の武さんにバトンタッチ。総合区になれば、「住民自治が拡充するのか?」という視点でお話いただきました。 金谷氏の説明にもあったように、住民自治の実現に向けた仕組みと予算は現在よりも拡充されることには異論はありません。ただ、中身のある住民自治の実現には「声を届けられる住民」「コーディネートできる中間支援機関や役所」が不可欠と指摘します。いまでも、地域には活動をされている住民はいる一方、区政会議委員は地域の有力者ばかりであったり、意見交換よりも区政報告に重点が置かれたりという課題があります。 同じ轍を踏まないためにも、「①活動されている方々が参画できる専門部会を地域協議会内にもつくる」「②地域協議会と地域自治区内議員が地域のことを専門的に検討する総合区議会(地域版常任委員会)を大阪市議会に設置」「③これらを取りまとめ、役所都合だけではなく住民ニーズを具体的に形にしていく中間支援機関事務局の育成」などを盛り込んだ、住民自治基本条例のようなものを制定することの重要性を参加者で共有していました。 最後に、大阪市議会議長宛の請願・陳情制度を紹介。市長宛の陳情は広く知られていますが、議長宛はあまり知られていません。1人からでも提出でき、法に抵触しなければ、ほぼ議会の議題にもなり、市民の声に議…

続きを読む

大都市制度を考えるPart2~総合区の可能性~【前編】(第4回_20171028@大阪経済法科大学OUEL研究セン…

第4回 自治フォーラムおおさか 第1部 大都市制度を考えるPart2 総合区の可能性 ~何が変わる 変えられる~ 金谷 一郎さん(大阪経済法科大学客員教授) 武 直樹さん(NPO法人いくの市民活動支援センター代表理事) 西脇 邦雄さん(大阪経済法科大学教授) レポート:けさまる  当日の配布資料はこちら↓↓ 20171028第4回フォーラム資料.pdf 第2回フォーラム(8月開催)では、大阪大学の北村亘先生から「都市制度が生活に与える影響と、総合区であれ特別区であれ、市民が都市制度を知り判断すること」の重要性を学びました。今回は、前東淀川区長として行政経験も豊富な金谷大阪経済法科大学客員教授をお招きし、保育所や就労支援、未利用地活用など具体的なテーマを取り上げ、総合区で変わること・変わらないことを考えました。 ◎第1部 「総合区の可能性」 金谷 一郎 冒頭、ご家族との会話で「総合区になると大阪市がなくなると思っていた」というやりとりを紹介され、同時並行で議論されている総合区と特別区のわかりにくさを指摘されました。2年前の住民投票後、6・8・12区の3案が示され、8区案に一本化された「総合区」。そして、知事・市長の強い意向を受け、4・6区案(2パターン)が再び示されたのが「特別区」です。今回のテーマ「総合区」は、9月に『お知らせ』が各世帯に配布され、11月~12月にかけ説明会が開催されるとはいえ、多くの市民に理解されているとはいえない状況です。  総合区は、「大阪…

続きを読む